勉強法

【勉強法】法学部1年生へ!論述式の定期テストを効率良く突破するコツと、1年生だからこそ講義に出席すべき理由。

こんにちは!ゆーこんです!

 

法律って勉強したこと…ないですよね?笑

初めまして法律(-ω-)/

どうやって勉強すれば良いのかわからない…

でもいきなり必修科目になってるし…

 

友達100人作れるか心配なのに、定期テストの心配もしなきゃならんのだ!

彼氏や彼女作れるか心配なのに、定期テストの心配もしなきゃならんのだ!

1人暮らしで家事出来るか心配なのに、定期テストの心配もしなきゃならんのだ!

 

不安だらけの1年生に、法学部卒業生の僕が、定期テストを効率良く突破する方法を教えます!

 

僕の時もだけど、大学の定期テストの勉強方法って教えてくれる人ってあんまりいないんだよね💦

僕も困ったから教えるよ、役に立つと嬉しいです(=゚ω゚)ノ

<スポンサーリンク>

講義を受けても基本的にわからない!

先生の本業は何でしょう問題

今まで生きてきて、いろんな先生に会いましたよね?

  • 授業がわかりやすい
  • 板書を工夫してる
  • テキスト使わずにプリント配るタイプの先生(大学ではレジュメって言います)

中には授業がわかりづらい先生もいましたよね?

でも大学は講義がわかりづらい先生が多い気がする…(; ・`д・´)(圧倒的主観!)

 

高校までの先生は、生徒に授業を教える事が本業なんです。

つまり高校までの先生は、授業をしたくて先生になってる事が多い。

だから事前に色々と工夫をして、できるだけわかりやすくなるように頑張る先生が多い。

 

じゃー大学の教授の本業は?

本業は研究なんです!研究したいんです!
研究したくて教授になるのです!

 

だから講義への力の入れ具合が違うんだと思います。
学習塾の講師をしてましたけど、やっぱり授業って事前の準備がいるんです。
事前準備にかける時間があるなら研究したいんですよね。

もちろん大学教授の中にも教え方が上手かったり、しっかりと練られた授業をする人もいます。
そういう教授の授業は特にしっかり受けましょうね(/・ω・)/

法律科目は慣れてないから難しく感じちゃう問題

法律は、憲法・民法・刑法等といった色んな種類があります。

 

それぞれの法律は条文の集まりで出来ています。

なので、条文自体は割と短いんですよね、ちょっと長いやつもあるけど。

だから一個一個の内容を理解するのは簡単そう(´-`).。oO

 

否!!

 

条文にある単語は見たことないものも多く、どういう意味かを理解するのが大変。

なのに1つの条文に何個もそういう単語が出てくる!

しかも僕はこういう意味だと思う!
いや、私はこういう意味だと思う!

ってな感じで、考え方が色々あって言い争ってる(=論点)ものも多いんです。

 

 

ちなみに法律を作った人(立法担当者)の意見は強めです。
そりゃそうだよね、その法律作った人だもん。

そんな感じで、大学の法律科目は、テレビでよく見るような

この場合は慰謝料が請求できる?できない?

みたいな感じではなくて、

 

この条文はこういう風に考えるのが一般的(通説)だよ。

裁判所もそういう考え方をしているよ(判例)。

でもこういう考え方もあって(有力説又は少数説)、通説・判例に反論しているよ。

教授の私的にはこの考え方が一番良いと思うよ(通説だったり有力説だったり少数説だったり様々)

みんなはどう思う?

 

って感じです。

教授はこんな感じの事を、聞き慣れない専門用語を使って説明してくれるんですね…(;´・ω・)
授業を聞いてもなかなか理解出来そうにないですよね?笑

定期テストはどんな感じ?ポイントを押さえれば単位は取れる!

色々な原因が組み合わさって、最初のうちは法律科目の授業が難しく感じると思います。

定期テストも難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、そこまで難しいわけではありません!

 

とても難しい問題を出せば、学生は点を取るのが難しくなります。

単位を与えるのに必要な基準点を取れる学生が減ってしまい、教授も単位を落とすしかありません。

多くの生徒の単位を落とすことは、教授としても避けたいんです。

 

それに、難しい問題の解答を採点するよりも、簡単な問題を採点する方が簡単なんですね。

 

 

色々な大人の事情によって、定期テストはそこまで難しくなりません。
油断してると単位落とすけどね笑

 

定期テストの問題パターン① ⇒ ◯◯を説明しなさい。

このタイプの問題は、論点になっている単語や説について、論述するパターンです。

〈勉強する時のポイント〉

ⅰ.論点に関係のある言葉をピックアップする

論点は限られているため、試験範囲の論点に関係のある言葉を全てピックアップします。

やることを明確にして、無駄な時間を減らしましょう!

講義に出席していると論点に関係のある言葉のピックアップも簡単に出来ます。

 

ⅱ.事前に論述式の解答を、通説・判例の立場でまとめる

ⅰでピックアップした言葉を、通説・判例の立場でまとめます。

論述式の試験は、解答用紙の半分以上は書かないと、基本的に採点してくれません。

なるべく1つの論点でA3用紙の半分を超えるくらいの内容でまとめましょう。

 

ⅲ.まとめた解答案を暗記する

自分でまとめた各論点についての内容を暗記します。

まとめた内容は、こんな感じで論理的な文章になっているはずです。

 

◯◯はこういうことである(通説判例)。

なぜならば〜だからである。

しかし、反対説からは××という反論がある。

この反論は△△の点で妥当ではない。

したがって、通説判例の立場で解釈するのが妥当である。

 

一字一句というよりは、重要な用語と因果関係を暗記するイメージです。

これが暗記出来ていれば大枠は書けるので、自然な文章になるように肉付けすれば、

事前に自分でまとめた文章と同じようなものが書けます。

 

定期テストの問題パターン② ⇒ ◯◯を××説の立場から論じなさい。

このタイプの問題は、論点になっている単語等を、与えられた立場で論述するパターンです。

問題パターン①は、通説・判例に立てば良かったのですが、問題パターン②は反対説を指定される場合もあります。

〈勉強する時のポイント〉

①と同じですが、通説・判例以外で有力説がある時は、その立場でも論述できるようにしましょう。

 

定期テストの問題パターン③ ⇒ 事例問題

授業で扱った事例問題をそのまま出したり、少し変えて出すパターンです。

事例の中から論点を探して(講義で言ってます)、自分の好きな立場で論じます。

〈勉強する時のポイント〉

通説・判例の立場をとることです。

そうすることによって、①と②の対策としてまとめたものが利用できます。

大多数の人は、通説・判例の立場がしっくり来ると思うので、一番楽だと思います。

また、このパターンの問題は、講義に出席することが最大のポイントです!

 

こんな感じで定期テスト対策をしましょう!基本的にやることは同じです!

講義に出席する3つのメリット

難しい授業なんて誰だって受けたくないですよね?

四月はみんな我慢して授業に出席しますが、ゴールデンウィーク以降、明らかに学生が減ります笑

そして、学食がめっちゃ空きます笑

でも講義にちゃんと出席することで、色々なメリットがあります。

①定期テストのヤマが張りやすくなる!

講義で触れていない論点についてはおそらく定期テストには出題されません。

また、講義で重点的に説明しているところは定期テストに出題されやすいです。

高校までと同じですね笑

 

講義に出席せずに友達に教えてもらう人もいますが、1年生のうちはオススメしません。

なぜかというと、実は、1年生の前期の単位は、教授も手加減してくれますし、内容も比較的簡単な事が多いです。

なので、講義に出席しなくても、直前に勉強するだけで単位が取れちゃうことが多いんです。

意外といけるじゃん!後期もこの方法で行くか。ノートとか誰かが見せてくれるだろ(´-`).。oO

って考え方になっちゃうんですよね。

そういう人は2年生以降、かなりの確率で留年もしくは退学します。

法律科目の耐性がつかないですからね。

学年が上がるにつれて法律科目は増えていき、内容も難しくなるので絶望的です(´;ω;`)

一度講義に出席しない習慣がつくと、元に戻すのはかなり大変です。

 

②規則正しい生活習慣が身につく

大学生だと一人暮らし率も上がると思いますが、まず間違いなく生活習慣が乱れます。

新入生歓迎会、定例飲み会、サークルやバイト等が原因です。

そして、一人暮らしの家は友達の溜まり場になることがあります。

 

 

そうなると終わりです。逃げられないからね、自宅だから(´;ω;`)

生活習慣が乱れた結果、講義に出席することがとても大変になります。

 

③講義に出席するタイプの学生が誰だかわかる

2年生以降、授業に出られないもしくは出たくない時が必ず来ます。
サークルの大きな大会前とか、資格試験とか、彼氏・彼女の誕生日とか。

その時は一時的に友達に頼るしかありません!

2年生以降は選択科目が増えるので、人それぞれ履修する科目がバラバラになります。

講義に出席するタイプの友達が、自分と同じ授業を取ってくれるかわかりません(;´・ω・)

でも、そうゆうタイプの友達をたくさん作っておけば、履修科目がかぶる確率が上がります!

1年生の時からちゃんと講義に出席していれば顔見知りになれるので、勇気をもって話しかけて友達になっておこう!

 

 

定期テストの勉強の仕方を教えてあげるのも話しかけるきっかけになりますよ(/・ω・)/

頼ってばかりでは嫌な奴と思われてしまうので、ギブアンドテイクの関係を作りましょう!

<スポンサーリンク>

定期テストをうまく乗り越え、充実したキャンパスライフを送ろう!

誰もが充実したキャンパスライフを送りたいですよね?

サークルや飲み会等でコミュ力をつけるのも大事な勉強です。

でも、せっかく培ったコミュ力で就活が上手くいっても、卒業出来なかったら意味ないんです。

もちろんみんな、自分が留年したり退学したりするとは思ってません。

でも意外と留年したり退学したりする学生は多いです。

勉強しなくても、講義に出席しなくても、なんとかなると言う先輩は多いです。

先輩が上手くいったからといって、自分が上手くいくとは限りません。

たまたまその年がゆるかったのかもしれないですし、勉強してないって言ってちゃっかり勉強するタイプの先輩かもしれません。

しっかり講義に出席して、定期テストのポイントを押さえて勉強し、単位を落とさないようにしましょう!

法律科目を勉強した経験は将来必ず役に立ちます。

 

論理的な考え方とそれを相手に伝える力

難しい文章を読み解く力

何かを知らないことの恐ろしさ

 

といった色々な事を学ぶことが出来るからです。

勉強も遊びも定期テストともうまく付き合って、充実したキャンパスライフを送りましょう!