勉強法

学習効率の高い過去問研究を勧める理由。元塾講師が教える試験合格への近道!

「過去問は既に出された問題だから、やっても意味がない」

と思い、過去問の勉強をおろそかにしていませんか?

 

確かに本番の試験では、”過去問と全く同じ問題”は出題されません。

 

でも、過去問研究をするかしないかでは、当日の得点に大きな差がつきます。

過去問をしっかり研究&対策することで、確実に試験合格へ近づくことができるのです。

 

そこで今回は、過去問研究をすべき3つの理由をお伝えします。

<スポンサーリンク>

過去問研究をするべき3つの理由

1、試験合格に必要なレベル・勉強を知ることができる

そもそも試験に合格するためには、最初に「どのレベルまでやれば良いのか」を知ることが大切です。

 

というのも、必要なレベルを知らないまま勉強すると、

  • 試験に出ない範囲
  • 必要以上に難しい問題・範囲

にまで手を付けてしまう可能性があるからです。

 

 

”必要なレベル”を知るには、過去問を見ることが一番の近道。

 

過去問のレベル=試験合格に必要なレベル

なので、そのレベルが分かりさえすれば、自ずと”自分がするべき勉強”が分かってくるのです。

 

 

受験勉強というのは、ただでさえ時間が足りないもの…。

だからこそ、限られた時間の中で、いかに効率良く勉強するかが重要なポイントです。

 

もちろん、稀に

「こんな範囲、過去問では一度も見たことない…!」

というような、難しい問題が出てくる場合もあります。

 

ただ、そういう問題は周りの皆も解けないので、「出てくるか分からない難問」に時間を割くより、よく出てくる範囲を優先的に勉強しましょう!

2、過去問と似た問題が出た時、ライバルに差をつけられてしまう

そもそも塾や予備校などでは、当たり前のように過去問対策の時間が取られているので、

「過去問研究・対策をしない」

という受験生はほとんどいません。

 

 

そのため、万が一過去問と似たような問題が出題されたときは、過去問対策をしていない人だけが解答できない可能性があります。

 

実際に僕も、

「あれ?この問題、過去問で解かなかったっけ…?」

と思ったことが、大学入試でも国家試験でもありました。

 

”合格”を勝ち取るためには、まず、”皆が解ける問題”を確実に正解していくことが大切です。

大多数の受験生が行っている「過去問研究」をして、過去問と似た問題が出た時に、ライバルに差をつけられないようにしましょう!

<スポンサーリンク>

3、解く順番、時間配分を計画できる

高校入試に大学入試、国家試験など、”試験”にも様々な試験がありますが、「毎年形式が変わる試験」はほとんどありません。

 

問題の内容こそ違うものの、

  • 大問1…長文読解
  • 大問2…会話文
  • 大問3…文法問題

など、出題形式は似てる試験・学校が多いです。

 

そのため、過去問であらかじめ出題形式を知っておくことにより、

「この学校の長文読解は苦手だから、長文は後回しにしよう」

「ここの文法問題は易しいから、最初に解いておこう」

など、試験当日の時間配分や解く順番を計画することができます。

 

 

先ほども言ったように、試験では、自分の解ける問題を確実に正解していくことが大切です。

苦手な問題に時間を取られ、得意な問題を解く時間がない…という事態にならないように、解ける問題から解く計画を立てておきましょう。

 

 

ただ稀に、ガラッと出題形式が変わることもあるので、

「自分が受ける試験でも、絶対にこの形式で出る」

とまでは思わないようにしてください。

 

いざ出題形式が変わり、

「一問目に長文がない!なんで?!時間配分決めてたのに!」

とパニックになると、解けるはずの問題も解けなくなってしまうので…(;´・ω・)

 

「去年と同じ形式なら、この順番で解こう。万が一形式が変わっても、難易度は同じなんだから焦らないようにしよう」

と、試験前に自分へ言い聞かせてくださいね!

過去問研究は、心理的にも良い効果がある

また、何度か過去問を解いておいた方が、試験当日も緊張しにくくなるという効果もあります。

 

というのも人間は、初めてのもの程難しく感じ、慣れているもの程カンタンに感じる生き物です。

 

初めての場所を訪れる時も、行きは

「遠い…こんなに歩いてるのに…」

と感じたはずなのに、帰りは

「あれ?もう着いちゃった!近い!」

と感じることも多いですよね。

 

 

”知っている””慣れている”というだけで、例え同じ距離だとしても、感じ方は全く異なるのです。

 

それは試験においても同じで、

「まずは長文があって、その次に文法問題がある」

と知っておくだけで、緊張や不安はだいぶ抑えられます。

 

ただでさえ、試験当日は緊張するもの。

少しでも”慣れ”を増やし、なるべく緊張する要因を減らしてあげましょう!

<スポンサーリンク>

 

”過去問”という敵を知り、バトルに勝とう!

敵を倒すには、まず敵を知ることが大切です。

 

例えば「ポケモン」でも、ただやみくもにレベルを上げるのではなく、

「相手は水ポケモンだから、こっちは電気タイプを揃えよう…」

と、敵を知り、敵に合った対策をする方がバトルにも勝利しやすくなりますよね。

 

時には、敵を知ることで、

「相手は水ポケモン使いなのに、手持ちは水に弱いポケモンばかりだ…」

と、自分の弱点を見つけ出すこともあるでしょう。

 

 

それは受験も同じで、試験という”敵”を知るからこそ、解き方を学んだり、自分の弱点を強化することが出来るんです。

 

試験日が近づいてくると、ついつい気持ちが焦ってしまい、

「この勉強はした方がいいのか?いや、こっちの勉強をするべきか…?」

と、何をするべきかが分からなくなってしまいがちですが、まずは”過去問対策”という原点に返ることが大切です。

 

もちろん、”過去問さえやれば受かる”というわけではないので、過去問の研究以外にも、色んな方法を試してみて下さいね!

このブログでも、色んな勉強法について紹介しているので、参考にしていただけると嬉しいです!