勉強法

効率良く暗記をする5つの方法。これさえわかれば、勉強のやる気もアップ!

成績アップを目指すうえで、避けては通れないのが”暗記”

 

日本史の年号に英単語…と、覚えることがありすぎて、頭がパンクしてしまいそうですよね。

 

「暗記が苦手で、なかなか覚えられない…」

と、暗記に苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

実は”暗記”というのは、覚えるコツさえつかめれば、スルスルと簡単に覚えられてしまうんです✨

そこで今回は、効率良く暗記する5つのコツをお伝えします。

<スポンサーリンク>

暗記が得意になる5つのコツ

1、身体の器官をフル活用しよう

一つ目のコツは、「身体の器官をフル活用する」です。

 

暗記というと、

  • 覚えたい用語を繰り返し書く
  • 単語帳を使う(=眺める)

などの方法で、手や目を使って覚える方法が一般的ですよね。

 

実は…効率良く暗記をするには、他にも使った方がいい器官があるんです。

それが、「口」「耳」

 

自分の「口」で発音し、その声を自分の「耳」で聞く。

そして、自分の「手」でその用語を書き、自分の「目」でそれを眺める。

 

そんな風に、暗記したい情報を色んな方向から脳に伝えていくことで、より記憶に残りやすくなるのです✨

例えば、「remember(=覚える)」という英単語を覚えたい場合は、

  1. 口…「リメンバー」「覚える」と、発音と意味を交互に発音する
  2. 耳…発音している自分の声を、しっかり聞く
  3. 手…「remember」と紙に書く
  4. 目…単語帳や、自分の書いた英単語を眺める

という流れで暗記をしていきます。

視覚的なイメージで暗記しやすいオススメの英単語帳↓

 

また、日本史の文化史で、「曾根崎心中(作:近松門左衛門)」を覚えたいときは、

  1. 口…「曾根崎心中」「近松門左衛門」と、作品名と著者を交互に発音する
  2. 耳…発音している自分の声を、しっかり聞く
  3. 手…「曾根崎心中」「近松門左衛門」と紙に書く
  4. 目…用語集や、自分の書いた単語帳を眺める

という流れで、作品名と著者を覚えていきます。

 

繰り返す回数は人によって様々ですが、

  • 英単語…最低10回~
  • 文化史…最低5回~

は、繰り返した方がいいです。

 

後ほど紹介する「暗記の”ゴールデンタイム”を活用しよう」というコツと組み合わせると、効果倍増なのでおすすめです✨

 

2、「脳内スクリーンショット」をするイメージで!

2つ目のコツは、「”脳内スクリーンショット”をイメージする」です。

 

「スクリーンショット(スクショ)」とは、皆さんもご存知の通り、文字や文章を”写真”として保存するスマホ機能です。

面白かったLINEのやり取りなどをスクショして、友達に送った経験のある方も多いはず。

そんな風に、覚えたい単語や用語を”スクショ”してしまうんです✨

もちろん、それらの保存先は”自分の脳内”

 

「そんな、ロボットみたいなこと言わないでよ!」

と思うかもしれませんが、実は、僕の周りにいた”記憶力がいい人”は、皆この方法で暗記をしていました。

 

つまり、ノートや教科書の丸々1ページを一つの「画像」「写真」として暗記して、思い出すときも、

「この用語…あの教科書の右上らへんに書いてあった!」

というイメージから思い出すのです✨

もちろん、”脳内スクリーンショット”をマスターするには少し時間がかかりますが、

「このノートをそのまま、頭の中にスクショしよう!」

という意識をするだけでも、記憶の定着度は上がります。

 

”脳内スクリーンショット”ができるようになるためのコツは、

  1. 教科書の挿絵や写真、色を意識して見る
  2. テキストや単語帳は、同じものを使い続ける

の二つです。

 

①の「教科書・テキストの挿絵や写真、色を意識して見る」は、例え、その挿絵が覚えたい用語に直接関係していなくても、

「この挿絵、変な絵だな~」

ということを覚えていれば、いざというときに、その絵が単語・用語を思い出すきっかけになることがあります。

今まですっかり忘れていたのに、写真を見たり曲を聴いたり…ふとしたきっかけで思い出すことってありますよね。

そんな風に、覚えたい単語にも「ふとしたきっかけ」をたくさん作っておくことが大切です✨

 

また、②の「テキストや単語帳は、同じものを使い続ける」は、繰り返し見た物の方が、より記憶として定着しやすいからです。

一度しか会ったことない人の顔は忘れちゃっても、毎日会う友達の顔は覚えていますよね💡

 

受験の時は特に、

「あのテキストも良さそう!あっちの用語集も評判良いな~」

と、色んなテキストに手を出したくなりますが、明らかに使いにくい・評判が悪いものじゃない限りは、なるべく今使っているものを使い続けることが大切です✨

<スポンサーリンク>

3、先生になったつもりで教えてみよう

3つ目のコツは、「先生になったつもりで教えてみる」です。

 

僕は大学時代、ずっと塾講師のアルバイトをしていたのですが、何かを教えるのって本当に難しいんです…。

 

自分ではわかっていたつもりなのに、いざ説明しようとすると、

「これは…あれ?なんだっけ?覚えたはずなのに…」

と、うまく説明ができないこともありました。

 

そもそも「教科書を読むこと」「単語を覚えること」と、「他人に教えること」は、求められる知識の深さが全く違います。

通常の勉強で得られる知識度が100%だとすると、他人に教えるためには約120~200%の知識が必要なんです。

 

だからこそ、先生になったつもりで誰かに教えてみることで、より記憶の定着を強く・深くすることができるのです✨

両親や友達など、聞いてくれる人がいればその人にむけて”授業”をしましょう。

 

「なんでそうなったの?」

など、授業の途中に質問してくれる相手であれば尚いいですね💡

 

もちろん、聞いてくれる人がいない場合は、自分一人でやっても大丈夫です。

一つ目のコツでお話したように、声に出した方がより記憶に残りやすいですが、声に出さなくても”授業”はできます。

 

通学途中など、べらべら一人で喋れない時は、”脳内一人授業”をするのもおすすめですよ✨

<スポンサーリンク>

4、ストーリーを意識して、感情移入しよう

4つ目のコツは、「ストーリーを意識して、感情移入する」です。

 

例えば日本史で、

三世一身法(さんぜいっしんほう)

新たに田を開墾したら、三世代のうちは個人所有にして良いとする法律

とだけ、ひたすら繰り返して覚えるのは大変ですよね。

 

それに対し、

「この時期の日本は、人口が増えたことで田んぼが減っちゃったんだ。

でも当時の日本では、『男子ならこの位』『女子ならこの位』と、決められた広さの田んぼを国から借りる方式だったから、頑張って田んぼを作ったところで、自分の田んぼが増えるわけではなかったんだ。

だから、『別に、自分が頑張ったところで…』と思う人が多くて、新しい田んぼは全然開墾されなかった。

そこで、『新たに田んぼを作ったら、その田んぼは自分たちの自由にしていいよ!ちなみに三世代(ひ孫)までね!』という”三世一身法”が発令されたんだよ✨」

の方が、文字自体は多くても、意味がスッと覚えられませんか?

こんな風に、用語の意味だけじゃなく、そのストーリーもしっかり理解することで、繰り返し勉強しなくても一度で簡単に暗記ができるのです💡

 

さらに、

「まぁ、自分のものにならないならメリットないわ…」

など、感情移入して読むと効果は倍増

 

歴史科目や法律科目など、そのストーリーや因果関係が重要になってくる科目は、この「ストーリーを意識する」というのはとても大切です。

 

「よかったね!」「それはむかつく!」

など、自分がその立場に立ったつもりで、一喜一憂しながらストーリーを覚えてみてくださいね✨

5、暗記の”ゴールデンタイム”を活用しよう

5つ目のコツは「暗記の”ゴールデンタイム”を活用する」です。

 

実は、暗記のゴールデンタイムといって、「暗記に向いている時間帯」があります。

それが、夜寝る前と朝起きた直後です。

 

というのも、人間は夜寝ている間に、必要な記憶と不要な記憶を整理します。

そのため、覚えた後すぐ寝ることで、効率良く知識を整理&記憶することができるのです✨

ただ、寝ている間に記憶した知識は、翌朝からどんどん忘れていってしまいます。

そこで、翌朝にもう一度、昨日寝る前に覚えた単語の復習をすることで、”忘れにくい知識”を増やしていくことができます。

 

「寝る前の30分は、暗記タイムにする」

と決めてしまうのがおすすめです(^-^)✨

<スポンサーリンク>

色々試して、自分に合った方法を見つけることが大切

もちろん、「自分に合っている暗記方法」というのは、人それぞれです。

 

例え同じ暗記方法でも、

「この方法で覚えると、すごい覚えられる~!」

という人もいれば、

「全然覚えられない…自分には合わないのかも…」

と思う人もいます。

 

でも、自分に合う方法さえ見つかれば、そこからのあなたは無敵モードになること間違いなし✨

色んな方法を試してみて、「自分に合った暗記方法」を見つけてみてくださいね。

間違いノートの作り方。問題集・過去問自体を使うから、簡単&めんどくさがりにもオススメ!自分が苦手な問題だけを整理した「間違いノート」は、効率的に勉強するためには欠かせないツールです。 なぜなら、合格や高得点への近道は...
明治大学の特待生(特別給費奨学金)になるには?得点感と継続要件も。「うちは貧乏だから、私立大学のお金は出せない」 と、親に言われて悩んでいませんか? 僕も高校2年生の時に、両親からそう告げら...
法学部ってどんな特徴があるの?学部選びで迷ったら法学部を選ぶと無難な理由大学の学部選びって、なかなか難しいですよね。 まだやりたいことが見つかっていないと、「本当にこの学部で良いのかな?」と不安になるこ...