雑学・豆知識

寿司屋が使う業界用語10選と数字の数え方。寿司屋の「アニキ」には注意って本当?

お寿司業界では、板前さん同士が使う”業界用語”が数多く存在します。

 

「アニキ」「ツメ」「ヤマ」など、

「板前さんたちが、ワケの分からない言葉で話してる…」

と思った経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、板前さんが使う”お寿司の業界用語”をご紹介します。

 

板前さんが使う言葉の意味が分かると、カウンターでお寿司を食べるのがもっと楽しくなりますよ!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

<スポンサーリンク>

お寿司屋さんでよく使われる業界用語10選

今回は、今でもよく使われている業界用語10選を表にまとめてみました!

 

用語 意味
ネタ お寿司の具材
シャリ お寿司の酢飯
あがり 温かいお茶
アニキ 鮮度の落ちたネタ (⇔おとうと…鮮度の良いネタ)
玉(ギョク) 卵焼きのこと。お寿司のタマゴとは異なる
ゲタ カウンターで、板前さんがお寿司を出す時に置くための板
ツメ 穴子やシャコにつける甘めのタレ
なみだ ワサビ。(Ex.「涙巻き」など)
ムラサキ(煮切り) お寿司用のお醤油のこと。みりんやダシが入っていることが多い
ヤマ 品切れになったネタのこと

 

ネタ、シャリ、あがりは知っている方がほとんどなのではないでしょうか?

 

「アニキ」は、あまり良い意味ではないので、目の前で

「アニキをくれ」

なんて会話をしていたら注意です💦

お寿司業界で使う数字の数え方(1~12まで)

続いては、お寿司業界独特な数字の数え方を紹介します。

 

基本的には、板前さん同士で

「○○をダリください!」

などと使いますが、

  • 接待する側が、接待される側のお客さんにお会計の額を知られたくない時
  • お客さんによって金額を変えたい時

などに使われることも。

 

 

チェーン店ではありえないことですが、カウンターしかないような高級店では「客によって値段が変わる」ということもよくあるんです。

 

こちらも表にまとめてみたので、ぜひ由来も一緒に覚えてみてくださいね!

数字 呼び方 由来
1 ピン ポルトガル語で「点」の意味のpinta(ピンタ)から。ピンからキリまでのピン
2 リャン 中国語の「2個」を意味する両(リャン)から
3 ゲタ 下駄の鼻緒をとめる所が3つあるから
4 ダリ 江戸時代の駕籠かきが使っていた隠語より
5 メノジ 「目」の字の画数が5画だから
6 ロンジ 「六の字」がなまったもの
7 セイナン 時計の7がある場所が西南だから
8 バンド はち⇒はちまき⇒バンド
9 キワ 一の位の端っこの数字だから。際(きわ)
10 ピンマル ピン(1)にマル(0)だから
11 ピンピン ピン(1)にピン(1)だから
12 チョンブリ 青果で「1」をチョン、「2」をブリと呼ぶから

 

<スポンサーリンク>

お寿司以外にも!色んな「業界用語」やタブーがある

もちろん、お寿司業界以外でも「業界用語」やタブーは多く存在します。

 

例えば百貨店業界では、万引き犯のことを「川中様」と呼びます。

またタクシー業界では、タクシー強盗が発生したことを「大きな忘れ物」と呼ぶんだとか。

 

僕も隠語・業界用語を調べるのが大好きで、よく色んな業界の用語を調べています。

 

「もっといろんな業界やタブーを知りたい!」

という方は、こんな本もおすすめ。

 

 

かなりマニアックな本ですが、色々な業界の裏事情が載っているので面白いですよ!

色んな業界用語やタブーを知って、ぜひ”業界通”になってくださいね!