雑学・豆知識

避難所で困った体験談&防災士厳選の一人暮らし向けおすすめ防災セットを紹介!

最近は、大型台風に地震など、自然災害が多いですよね。

ニュースで被災地の様子を見聞きすると、

何かあったときのために、自分も準備しなきゃ…

と思う一方、なかなか重たい腰が上がらないのも事実。

 

僕もそんな中の一人でしたが、実際に避難所へ行ったところ、準備不足のせいで色々と困ることが多く、「あの時準備しておけば…!」と後悔しました。

そこで今回は、実際に避難所へ行った僕の体験談と、一人暮らしの方におすすめの防災セットをご紹介します!

\とりあえずこれを買っておけば安心!/

僕が実際に避難所へ行って困ったこと

1.フローリングが硬くて、座るとおしりが痛い

一番困ったのは、避難所の床がフローリングだったこと。

フローリングに座り続けるのって、想像以上に辛い!10分も続けて座っていられず、立ち上がったり、座る体勢を変えたり…常に動かざるを得ませんでした。

思い返してみると、自宅にはソファやラグがあるから、フローリングに直に座ることってないんですよね。いつ自宅に帰れるかわからないのに、長時間その状態が続いたのは本当につらかったです…。

自宅がフローリングの方は、ぜひ”避難所体験”としてフローリングに直接座ってみることをおすすめします!

<スポンサーリンク>

2.スマホの充電切れを恐れ、思うように使えない

次に困ったことが、スマホの充電。

念のためモバイルバッテリーも持って行ったのですが、家に帰れるのがいつになるかわからないため、どの位のペースで使っていいのかが分からず、とても不安になりました。

しかも、情報収集は基本的にスマホなので、「スマホを一切使わない」というのも難しいんですよね…。

最新の災害情報も知りたいけど、万が一のためにスマホの充電は残しておきたい…

と、なかなか思うようにスマホが使えなかったのもかなり困りました。

思うように最新情報を得られないせいで、「自宅はどうなっているかな…」「避難警告は解除されたかな…」というように、不安でいっぱいの状況が続いたことがつらかったです。

3.リュックが濡れ、中の荷物がびちょびちょに

また、防水ではない普通のリュックで行ったせいで、中の荷物がびちょびちょになってしまいました。

 

避難所にトイレットペーパーってあるかな?一応持って行こう!

と思い、トイレットペーパーを持って行ったら…リュックの中で少し溶け始めてる!(笑)

「(笑)」なんてつけていますが、その場では本当に笑えず、いかに自分に”防災知識”がないかを思い知らされました…。

 

また、避難時が大雨だったこともあり、持って行ったタオルまで濡れている…。

濡れた身体を拭きたかったのに、思うように拭ききれなくて本当に困りました。

<スポンサーリンク>

4.独特のニオイに耐えられない

また、意外にも盲点だったのが「ニオイ」

例えば満員電車の中って、たまに「もわん」とした独特の臭いがしますよね。特に雨の日の満員電車は、湿度が高いせいで更に臭いがキツくなったり…。

実際、僕が避難した避難所でも、そんな満員電車のような臭いがありました。狭い場所に人が密集していることもあり、どうしても臭いが溜まってしまうのでしょう。

そのため、その部屋の臭いに耐え切れず、フローリングでお尻も痛かったこともあり、しょっちゅう立ち歩いていました。

僕と同じ理由かはわかりませんが、僕以外にも同じように頻繁に立ち歩いている方も結構いました。

5.その場を離れる時は荷物が心配

また、一人で避難したため、荷物を放置できないことも困りました。

周りの人を疑っているわけではないものの、自分の荷物を放置してその場を離れるのはやっぱり不安…。

そのため、トイレ等で自分の場所を離れる時は、毎回荷物をまとめて持って行かざるを得ませんでした。

避難所は基本的に近所の人が集まっている場所なので、あまりトラブルにもなりたくないし…。

ただ、初めての避難だったこともあり、リュックへパンパンに物を入れてしまった結果、全部まとめるのにかなり苦労しました。

 

今思えば、隣の人に

交代で、荷物番をお願いしても良いですか?

と提案してみれば良かったです。

家族連れも多いですが、一人で避難されてる方も多かったので、同じ悩みを抱えていたかもしれません。

荷物を心配せずにカフェの席を確保したり、トイレに行く方法。意外なグッズで置き引き対策!カフェの席を確保する時や、トイレで少し席を離れる時、 と、不安に思うことってありませんか? でもセルフスタイルのカフ...
<スポンサーリンク>

防災士が厳選!おすすめ防災リュックを紹介

今回の「避難所生活」を経験して感じたことは、災害はいつやってくるかわからないこと。

そして、そんな危険が差し迫った状態では、なかなか必要な物をサッとリュックに詰めて逃げるのは難しいということです。

準備している段階では、どれが必要なものか分からないし、避難所についてはじめて

あ!あれも持ってくれば良かったな…

なんて気づくことが沢山ありました。もちろん、その逆で「かさばるのに必要なかった」というものも。

だからこそ、万が一の時に「これさえ持って行けば大丈夫」と思える”防災セット”を寝室などに置いておくことが大切なんだと、今回の経験で身をもって感じました。

 

ちなみに、色々と防災セットを探してみたところ、一番評判が良かったのがコレ。↓

 

実際に防災士の方が厳選しており、”3日間生き抜ける”がキャッチコピーの防災リュックです。

非常食や水はもちろん、

  • エアーマット付だから、フローリングでも痛くない
  • 手回し発電機付だから、スマホの充電切れともおさらば
  • 防水リュックだから、中の荷物も濡れにくい

と、災害時のよくあるトラブルに対応できるから安心!

また、セットの防水リュックに全て収まるようになっているので、「持っているリュックに荷物が入らない」という心配もありません。

 

僕自身、今回避難する時の荷物を詰めていて

  • 適度な大きさのリュックがない
  • 常温OKな食材がない(あってもスナック菓子とか)
  • そもそも、なにが必要か分からない

と、避難する前から困ることが沢山あったので、「この防災セットを買っておけば…」と、今更ながら後悔しました。

正直、決して安い商品ではありませんが、自分の身を守れるのは自分だけです。

一人暮らしの方でも、命を守るために最低限これくらいは揃えておいた方がいいと思います。

遠方にいる、大切な家族の避難準備は万全ですか?

最近はバラエティショップの「防災グッズコーナー」が増えたり、以前よりも”防災”に対する皆さんの意識が高まっていると感じる今日この頃。

ただ、

  • 単身赴任になった人
  • 大学で上京してきた人

など、まだまだ避難グッズを揃えられていない方も多いのではないでしょうか?

また、実家で暮らしている高齢の両親等も、近場に避難グッズが豊富なお店がないことに加え、ネット通販等が出来ない場合も多いので、意外と準備出来ていない場合があります。

もし、これを機に「防災セットを買おう!」と思った方は、ご家族の分もぜひ準備してあげることをおすすめします。

防災セットって、なかなか自分で買おうとは思えないものなので、プレゼントするとかなり喜ばれると思いますよ!

 

ちなみに、「公式サイト」から注文する場合は、複数個の購入で割引特典があります。

ただ、購入個数によっては、楽天市場で購入した方がお得な場合もあるので比較してみて下さいね。

災害時に役立つ、超便利な避難・防災グッズ5選。避難所での生活がもっと快適に!自然災害が増えている今、「防災グッズ」を準備されている方も多いのではないでしょうか。 僕は以前、実際に避難所へ避難したことがあるの...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019