考え方

悩みすぎて疲れた時に読みたい、考えすぎる性格を変える方法。

皆さんは、自分が「考えすぎるタイプ」だと思いますか?

 

私は完全に考えすぎるタイプで、どんなことも考えすぎて、悩みすぎてしまう性格です。

 

「考えすぎる性格」というと、周りからは

「しっかりしてる」「ちゃんと考えている」

などといった良いイメージで見られますが、実際は全く逆。

 

考えすぎるがあまり、気付いたらそれが大きな悩みにまで発展していることも多々あります。

でもそんなつらい日々とも、今日でおさらばしましょう✨

 

というわけで今回は、「考えすぎる性格を変える方法」をご紹介します。

<スポンサーリンク>

考えすぎる性格のデメリット

将来のこと、お金のこと…生きていれば、考えるべきことはたくさんありますよね。

 

確かに、将来や未来のことを考えるのは大切です。

でも、それが度を過ぎると、その「考えること」自分を苦しめる原因になってしまうのです。

 

まずは、考えすぎる性格を変える方法の前に、考えすぎる性格のデメリットからご紹介します。

1、ちょっとした不安から、鬱モードの毎日になる

考えすぎる性格のデメリット…それは、ちょっと不安なことがあると、全て悪い方向に考えてしまい、鬱モードの毎日になってしまうことです。

 

例えば、

「私、他の人より貯金が少ないかも…」

と悩み始めた時。

 

考えすぎることもなく、物事を客観的に捉えられる人は、

「じゃあまず、その原因を突き止めるために家計簿をつけてみよう!」

と思い、「どうしようどうしよう…」と思い悩むことも少ないでしょう。

 

それに対し、考えすぎてしまう性格の人は、”貯金が少ない”と気づいた瞬間、

「これから先の生活はどうしよう、お金が底を尽きちゃったら…?」

「私ってこのまま生きていけるのかな…?」

と、先のことばかり考えて、どんどん良くない妄想に発展しがちです。

 

一度悪い妄想が始まると、一気に鬱モードになり、仕事に全く集中できない…という方も多いのではないでしょうか?

 

 

そうすると、楽しいこと・嬉しいことを感知するアンテナが働かなくなり、

「毎日つらいことばかりだ…いいことがない…」

と、毎日つらい日々を送るようになってしまいます。

 

楽しいアンテナが鈍くなり、つらいアンテナが敏感になる…。

これは生きていくうえで、かなりもったいないことですよね。

2、「取り越し苦労」にエネルギーを使いすぎる

二つ目のデメリットは、取り越し苦労にエネルギーを使いすぎてしまうことです。

私も考えすぎる性格なので、よく取り越し苦労をしがちですが…(;´・ω・)

 

取り越し苦労とは、相手のちょっとした言動から、

「もしかして…嫌われちゃったかな?」

と思ってしまう被害妄想的なモノから、

「明日、殺されちゃったらどうしよう」「事故にあったらどうしよう…」

という、スケールの大きい妄想まで様々。

 

 

丸一日悩み続け、その日は一日ブルーだった…なんて経験はありませんか?

 

実は、ある心理学の研究では、心配事の約90%は、実際に起こらないことだと言われています。

つまり、私たちが心配していることの9割が、”取り越し苦労”なんです。

 

実際には起こらないことに対して、エネルギーを使いすぎてしまう…。

これも、かなりもったいないことだと思いませんか?

3、考えすぎることにより、行動も制限される

考えすぎる性格で、一番もったいないこと…それは、考えすぎる性格によって行動が制限されてしまうところです。

 

これは私の失敗談なのですが、行きたいライブがあり、チケットまで取ったのにもかからわず、

「私が行っても平気かな…浮かないかな?」

と心配になり、結局行くのを諦めてしまったことがありました。

 

でも、先ほども言ったように、心配事の約90%は実際起こらないこと。

実際、ライブは皆そのアーティストしか見てないから、観客のことなんて目に入らないんですよね…。

 

それでも不安な気持ちが暴走して、当日になって急にライブへ行くのをやめてしまいました。

チケット代は7,200円…今思うと、本当にバカなことをしたなぁと思います。

 

 

そんな風に、する必要のない心配・悩みのせいで、自分のやりたいことができなくなってしまう…。

なんだか、自分で自分を振り回すような…もったいない生き方になっている気がしませんか?

考えすぎる性格をやめて、ポジティブになる方法

こうやって「考えすぎる性格のデメリット」を挙げてみると、考えすぎる性格がいかにもったいないかが分かりますよね。

 

ではいよいよ、そんな考えすぎる性格をやめる方法をご紹介します。

 

私自身、かなりの心配性・考えすぎる性格ですが、これらの方法を試すことによって、

「私、こんなことで悩む必要ないじゃん!」

と思えるようになってきたので、試してみていただけると嬉しいです✨

Step 1: 考えすぎる「自分」を否定しない

「私いま、考えすぎているかもしれない…」

と気づいたときにすること…それは、考えすぎる「自分」を否定しないことです。

 

元々が考えすぎる性格なため、「考えすぎる性格を変えたい!」と思うと、それと同時に

「私って、なんでこんな考えすぎる性格なんだろ…」

と、自分を責め、”考えすぎる自分”について考えるようになってしまいます。

 

「考えすぎる自分」について悩み、「”考えすぎる自分”を考すぎる自分」についてさらに悩む…。

なんだか、終わりなき旅をしているようですね(;´・ω・)

 

そもそも考えすぎる性格は、それ自体が悪いことではありません。

考えすぎる性格じゃなかったらできなかった発見は、世の中にたくさんあることでしょう。

 

例えば、リンゴが木から落ちたことで、万有引力の法則を導いたと言われているニュートンも、木から落ちたリンゴをみて

「リンゴが落ちたな」

位にしか思わない人だったら、世界の発展はもっと遅れていたかもしれません。

 

 

考えすぎる性格も、あまり考えない性格も、要するにただの”個性”です。

自分を否定せず、まずは「考えすぎる自分」受け入れてみることが大切です✨

Step 2: 自分の相談相手になってみる

考えすぎる自分を受け入れることができたら、次は「自分の相談相手」になってみましょう。

 

考えすぎる性格の人は、悩み始めると暴走してしまい、冷静になれないことが多いんです。

 

暴走している自分に気づけたら、心の中で、自分の相談相手になったつもりで、

「なんで悩んでいるの?なぜそう思ったの?」

と、問いかけてみると、

「あれ?悩んではいたけど、結局自分の妄想だったかも…」

と、意外と冷静になることができます。

 

難しい言葉を使うと、「自分を俯瞰(ふかん)する」と言ったりもしますね✨

 

自分の相談相手になったことで、自分を客観視することができ、主観のままで暴走していた妄想・悩みを止めることができるんです(*´ω`*)

Step 3:「仕方がない」と、諦める力をつける

自分を受け入れ、なぜ悩んでいるのかがわかったら、次は解決できる悩みかどうかを考えましょう。

 

例えば、先ほどお話したように、私はよく

「殺されちゃったらどうしよう…事故にあったらどうしよう…」

ということで悩んでしまいます💦

 

では、殺されないため、事故に遭わないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

危険な場所に行かない、交通ルールを守る位のことは、自分でできると思います。

でも今の時代、普通に歩いているだけで通り魔に襲われたり、信号待ちしていたのにトラックが突っ込んできたりなど、無残な事件・事故も多いですよね。

 

それらの事件や事故は、こちらがどんなに気を付けていたとしても、起こるときは起こります。

どんなに悩んだとしても、そういう被害に遭うときは遭ってしまうんです。

 

 

要するに、「事故にあったらどうしよう」という悩みは、”解決できない悩み”なんです。

 

例えば、

「嫌われちゃったらどうしよう…」

なんて悩みも、解決できない悩みの一つですね。

 

どんなに愛想を良くしていたとしても、「なんか嫌」という理不尽な理由で私たちを嫌う人もいます。

 

 

なにをしても嫌われるときは嫌われるし、事故に遭うときは遭う…。

だったら、そんなことを悩んでも仕方がないと思いませんか?

 

そんな風に、私たちの力で解決できない悩みは、「仕方がない」諦めることが大切なんです。

 

”諦める”というと印象が良くないですが、要するに、

「やっても意味がないことはやらない」

ということです。

 

こうやって聞くと、

「やっても意味ないことはやらないなんて、当たり前じゃない?」

と思いますよね。

 

でも、「悩んでも仕方がないことで悩み続ける」ということは、「やっても意味がないことをやり続ける」ということです。

 

「この悩み、悩んでも意味ないな」

という”諦める力”をつけられると、あなたの毎日はとても楽しくなるはずです✨

<スポンサーリンク>

考えすぎる性格を卒業して、楽観的な性格になろう!

 

もちろん、この記事を読んだからといって、この瞬間から急に楽観的な性格になれるわけじゃありません。

「三つ子の魂百まで」というように、性格・思考というのは、そう簡単に変えられるものじゃないのです。

 

でも、「自分は考えすぎる性格だ」と気付いているかいないかは、楽観的な性格を目指すうえで、天と地の差があります。

それに、この記事を読もうと思ったあなたは、既に「考えすぎる自分」に気づけていますよね(*´ω`*)

 

 

「”百まで”なら、101歳になったら楽観的になれるかな」

位の気持ちで考えていれば、いつの間にか楽観的な性格になっているはず。

 

自分の性格を愛しながら、よりいい考え方を身に着けていきましょう✨

皆さんが少しでも、楽観的な考え方になれることを願っています(*^_^*)